カノン 花音

kanoncanon.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お花摘み

銀行で地元の情報誌を読みふけっていたら
あら、占いコーナーかわったんや
星座じゃなくて、指数で見る感じ?
私は・・・

えっ

1973年生まれからしか載ってない!

なんて失礼な・・


39歳以上は対象じゃないってこと?!
意地になって表をマジマジと見て数字の繰り返しを発見し
私の指数を出したけどねっ

そして、窓口から名前を呼ばれていることに
しばし気が付かなかった私(笑)



私のいない間
ムスメは、実家の庭で花を摘み
活けてたようです
春だね~
c0175440_2125094.jpg

[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-30 21:13

一方通行

大きな波が来る時は
沈んで待てばいいのかもしれない

なのに
波に立ち向かってしまって
負けてへこむ

築いてきたものは
簡単に流されてしまう砂の城だったのか

聞いてやー

答えは帰ってこない
c0175440_22102245.jpg

[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-28 22:25

おわかれ

花屋にいたころ
枕花を注文されることが、たまにあった

自宅に枕花を持って会いに行かれるのは
親しい方なんだろうな・・と思っていた

青いデルフィニウムや真っ白のリシアンサスをオアシスに挿しながら
自分で持って行くのが初めてだということに気付いた

できることなら
元気が出るような
お見舞いのお花を届けたかったけど
叶わなかった

みんなに会うとくじけるから
頑張って頑張って頑張って治療してたそうだ

それは、殺して欲しいほど苦しかったそうで
ご家族も相当辛かっただろう


しゅうちゃん
会いたかったよ
お花持ってきたし目開けてや

枕元には、私たちが折った千羽鶴
とても安らかな顔
今にも目を開けそうなんに・・


最後のメールは
「あとを頼むな」
だっただろうか

しゅうちゃん 私には、そんな力ないよ

いつもケンカばっかりやったけど
私を必要としてくれる貴重な人やったんやなぁ

なんであんなに熱くなることがあったんやろうね
ガチで言い合う私たちの姿は
みんなドン引きやったと思うわ

今からりょうちゃんとサシで飲むし!
って言った時
冗談じゃないわ!って逃げたけど

今思えば
お説教を聞いてあげればよかったなぁ
聞くだけじゃなく、間違いなくケンカになってたやろうけど・・

私がどん底に落ち込んでいる時
しゅうちゃんが気にかけて電話をくれたけど
今出たら泣くわ と思って
電話に出なかった

こんなことになるなら
電話に出て、わんわん泣いても良かったなぁ

私が作った桜あんぱん
美味しかったぞ また頼む
って言ってたねぇ
作れる日がくるかな・・・

しゅうちゃんのお骨は大きかった
あの場に来れなかった人の分まで私が引き受けるんや
と自分に言い聞かせていた

しゅうちゃん この12年
楽しいこといっぱいあったね

お茶会の準備も打ち上げも
あの頃のゆかいな仲間たち
いっつも一緒やったよねぇ

もう一回 鮎食べに行きたかったね

3年前、しゅうちゃんが私を強引に役員にしなければ
産後の幽霊会員のまま青年部の行事に復帰することもなく
お茶もやめていたかもなぁ・・

でも、見渡せば
悲しいくらい大人になっていて
私のことを怒ってくれるのは
しゅちゃん以外に誰がおるんやろう?

今からどうやって歩いて行けばいいんやろう
教えてや しゅうちゃん
[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-20 23:15

おはなしひろば

またしてもこんな時期になって
国税庁のホームページで医療費控除を入力完了
明日出してこよ~
あーすっきりした


今日は、図書ボランティアの一年しめくくり反省会だった
みなさんの感想などを聞いていると
必要なことや今後の課題が見えてくる
やっぱり意見をシェアするのって大切やね~

今年は、夏までキャパシティオーバーぎみなので
読み聞かせをお休みしようかと思っていたけど
出来る限り出てみようと思いなおす日となった

読み聞かせなんて全くするつもりもなかった私が
3年も楽しくやってこれたことに感謝している

子どもって苦手だったのに
子どもたちの笑顔と笑い声に癒されて
いつの間にか宝の時間になっていた

今年の後半開校の昔ばなし大学にも参加してみようかな~

お話しを全部覚えて語るってとっても努力のいることやけどね
いつかやってみたいわ

お茶で覚えることをブツブツ繰り返していた私だが
ムスメが先に覚えてしまって
「お母さん 違うよ」
とチェックが入る

音読練習しているだけで覚えてしまう
あの記憶力を分けてもらいたい・・・
[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-12 22:07

けふのえほん

年度末ともなると
どのクラスで何の本を読んだのか、さっぱり覚えていない

記録嫌いで物忘れ多く
その日暮らしの私には
救いようのないことかも・・・

でも、今日入る1年生のクラスは
初めてのような気がする

感!

「どうやってねるのかな」
「にわとりのおっぱい」
「じゅくだい」
「そら はだかんぼ」
の4冊を持って出た

久しぶりに真剣に歩いたら
背中と膝の裏がパンパンになる
もっと背油絞りせんなんわ~(汗)

クラスに行くと
子どもたちは固まって集まっていて
私が座るイスに男の子が座って
読み聞かせのマネをしている

しばらく眺めていたいな~
って思う ほほえましい光景だった

こんなに待ち望んでてくれるんだろうか・・・←ポジティブすぎ?(笑)

そんなテンションで始まったせいか?
絵本の題名を言っただけで大ウケする子どもたち
途中も笑いが止まらない

3冊読み終わったところで
すかさず
「まだ時間あるよ!」って言うから

調子に乗って4冊読んじゃったわ はははっ
エネルギー満タンになったわ~
[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-07 21:58

おひなまつり

雛饅頭を見かけ
「ミウちゃん(妹の子共)初節句やし注文してあげよう」と母が言い
「そうやね!」

妹に言ったら
「初節句は去年やけど」

あら・・・そうかっ
c0175440_10132324.jpg

でも注文してしまったので
美味しく頂きましたわ

相も変わらずムスメとおひなさま寿司を作った
細かい作業に没頭しているムスメ
私と違うよね~
c0175440_10133480.jpg

[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-04 10:18

天使がきた日

茶席のお手伝いに行ったら
最後の会計処理に頭を悩ませ
どっと疲れてしまった
疲れすぎて眠れない夜を過ごしたカンジ・・

9年前の今日
この時間は
ちょうど「産みの苦しみ」を味わっていた頃だろうか?
あの日だけ、よく晴れた朝だった

陣痛を和らげるために入ったお風呂が気持ちよくて
この後どんな痛みが!と思うと怖くてお風呂から上がれなかったな~

その後は、痛みのあまり、本能的に便座に座りたくて
何度トイレに行ったことか・・

お風呂にもトイレにも助産師さんがついて身体をさすってくれた

あの時ウチには
助産師さん4人、義母、義妹、姪っ子たち、母、妹、友達とその子供、オット
15人もいて
みんな、お風呂で産むんじゃないか とか
トイレで産み落とすんじゃないか とか 思ってたらしい

本当に良いお産だったな~
産んだ瞬間、またこのお産をしたいなーと思っていた(実現してないけど)

自宅出産が病院と違うところは
赤ちゃんの頭がお母さんの身体から
出たり入ったりを繰り返し
自分の力で出てくるのを待つ

ムスメは、みんなに見守られながら
そうやって自分の力で産まれてきた

元気に産まれ
私の胸の上に乗せられた体は
3200gだったけど、軽くて小さかったな~

その後、ムスメの様子が急変し
NICUに連れて行かれ
24時間もたない命だろう と言われたそうだ

後で分かった病名を聞いた時も
ほとんど助からないらしいから
なんていう奇跡だったんだろう と今も思う

あのことがなかったら
私はもっとムスメをほったらかしで好きなことをしていただろうな・・・
今も十分してる! と怒られそうやけど(笑)

「お母さん大好き!」と毎日言ってくれる
ムスメと一緒にいれる時間を大切にしたいと思う
元気で生きていてくれるだけでいい

さて、今日も叩き起こして
「産まれてきてくれて ありがとう!」だな
[PR]
by kanon--kanon | 2012-03-02 05:19