カノン 花音

kanoncanon.exblog.jp
ブログトップ

2009年 09月 28日 ( 1 )

草原を思い出して

今日は、夏休み明け マクロビオティック料理教室
「夏のなごり料理」
かぼちゃ玄米粥のほか
葛づくしの料理だった

やっぱり料理教室行くと気が引き締まるねー
最近ジャンキーな生活だったからさ~

5キロ2~3万円するという本物の葛を使って・・・

いつもながら、てんてこ舞いの末、ごちそうにありつく
幸せや~贅沢!
一人でこんなに作れないわ

デザートの葛きりを食べようとした時
大先生のお話しが始まり
私にモンゴルへ行った話をみんなにしてくれと言う

はぁ----?
何ですか その突然すぎる振りは!


って何を話すのさ
とりあえず前に出て話した

大先生が言うに
「気」の高いところへ行くのは、とても良いことなのだそうだ
大自然の「気」をもらってくることの大切さを語ってらした
子供はなおさらだという

私たち、高い「気」もらってきたのかしら・・・


私も考えてもいなかったことを突然しゃべり出した気もする
気がついたら
なぜか、羊を感謝して食べることをしゃべっていた
モンゴルでは羊の頭を落として殺したりしない
首を切るのは羊に失礼にあたるそうで
生きている羊のお腹を切って
手を入れ、筋を切る
全てを無駄にせず食べる
毛だってフェルトだもんね

遊牧民は放牧している羊が混ざっても
自分の羊は全部分かる
放牧してる中でより分けて
もっと良い草が生えてるところへ移動する

遊牧民は年に最低4回は住居を移動する
もっと良い草が生えているところをさがして・・

遊牧民は、肉ばかり食べる 野菜はほとんど食べない
でないと氷点下40度の冬を越せないそうだ
反対に夏は食事を取らず、馬乳酒ばかり飲むそう
馬乳酒を飲むと食欲がなくなると聞いたなー

私たち日本人は生まれた時、蒙古班があるが
同じモンゴロイドのモンゴル人もあるネイティブ(インディアン)もそう
これは、中国や韓国にはなく、アジア人全てでないらしい
本当に日本人の知り合いそっくりさんをよく見かけたもんなー

なんかぁ
帰ってきて1ケ月たって
しゃべって
また思いにふけって
モンゴルの良さを再認識した気がする

終わって自分の席に戻ったら
隣に座っていたFさんが
「私は初めて会った時からモンゴルにいたことある人やって分かってたよ」と言うのだ

「?なんで?」

またあの草原に立ちたいなー
[PR]
by kanon--kanon | 2009-09-28 21:43